トリートメント

◇【美容師が語る♪】コンディショナーとトリートメントの違い◇

投稿日:2015年8月22日 更新日:

What is the difference between conditioner and treatment?

こんにちは。
昨日は1日中、会社用のスタイル撮影をしていた美容師よごです。
タイトルの◇は、ケミカルを示します。
今日は

リンスと、コンディショナーと、トリートメントと、ヘアマスクと、ヘアパックの違い

について。

 

 
コンディショナーのメリットは、軽さ。
ショートヘアやパーマスタイルなど、動きを出したいときに便利です。

 
トリートメントのメリットは、髪を内部から健康な状態に近づけること。
パーマやカラーをしたら、指通りが悪くなる前に使いましょう。

 
ケア成分はトリートメントに多く入っていますが、つけすぎると重くなったり、乾かしづらくなってしまいます。

 

 
ケミカル美容師が見たリンスとトリートメントの違い

①コンディショナーとトリートメントの働き

共通点

どちらも、髪の表面に保護膜を作って、手ざわりをよくする。
また、髪の水分の蒸発をおさえて、パサつきを防いだりする。
髪のすべりをよくすることで、キューティクルの傷みも防げる。

 

コンディショナーの働き

コンディショナーは髪の表面に作用する。
皮膚や髪は本来酸性なので、それに合わせて酸性になってる場合が多い。

 

トリートメントの働き

髪の内部にタンパク質成分を浸透させて、髪の状態を整える。
髪表面に対する効果は、コンディショナーと変わらない。
髪の質感を変える(癖をまとまり良くするなどの)トリートメントもある。

 

 

②コンディショナーとトリートメントの歴史

ケミカル美容師が描いたリンス

リンスの歴史

昔のシャンプーは、洗浄力が強く、アルカリ性だったため、洗い上がりの髪はゴワゴワだった。
そこでリンスを使い、髪をしっとり酸性にしていた。

 

コンディショナーの歴史

その後シャンプーは、石鹸系から高級アルコール系に洗浄成分が変わり、洗いあがりは滑らかになった。
リンスはほとんど使われなくなり、コンディショナーを使うようになった。

 

トリートメントの歴史

トリートメントの登場は、コンディショナーの後。
ブリーチやデジタルパーマが登場し、髪の奥深くにまで薬剤や熱を浸透させることで傷みやすくなった。
さらに高級アルコール系のシャンプーは髪の内部のタンパク質を落としやすく、髪のダメージは深刻さを増していった。

 
髪の表面を保護するコンディショナーに変わり、洗い上がりの髪に、内部からしなやかさやコシを与えるトリートメントが、使われるようになった。

 

 

③リンスとトリートメントの使い方

ケミカル美容師が見たセルフトリートメント

共通点

リンスとトリートメントは髪の毛だけにつけ、頭皮にはつけないこと。

 
指通りを良くするために配合しているカチオン界面活性剤は、皮膚刺激がある。
また、皮膚からは皮脂も分泌されているので、根元は自然に油分が補給される。

 
リンスとトリートメントは、中間~毛先につけるようにしよう。

 

 

コンディショナーの使い方

また、コンディショナーはトリートメントと違って、時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、髪になじませたら、髪をこすらないように、さらっと洗い流そう。

 

トリートメントの使い方

それとは反対に、トリートメントは時間をおくことで、髪の内部に浸透する。
そのためシャンプー後 、水気をきって毛先を中心にまんべんなく揉みこむようにする。
使うトリートメントの種類にもよるが、5~10分くらいおくのが望ましい。

 

 

④コンディショナーとトリートメントを使う順番

ケミカル美容師によるトリートメント

コンディショナーとトリートメントの使う順番

コンディショナーとトリートメントを両方使う場合は、

シャンプーで汚れを落とす。
トリートメントを使って、毛髪内部にタンパク質成分を浸透させる。
リンスやコンディショナーで髪の表面を保護して、ツヤを出す。

このような順番で、使いましょう。

 

 

⑤ヘアマスク・ヘアパック

ヘアマスク・ヘアパックはトリートメントと同じく傷んだ髪を修復させる働きがある。
しかし、トリートメントよりもダメージを受けた髪の改善効果を持っているため、週に1~2回の使用で効果がある。

 
ヘアマスク、ヘアパックの違いは、今のところ名前によるイメージの違いだけ。
印象としては、美容院にあるものはヘアマスク、市販されてるものはヘアパックかなぁ、という程度。

 

 
結論:

リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアマスク・ヘアパックの違いについては、国内で統一された基準・企画はなく、美容メーカーが独自の基準で決めている。

ほとんどの美容メーカーが、リンスとコンディショナーを同じように扱っているか、リンスを扱っていないか、のどちらかである。

 

 

The treatment makes health from the inside of the hair.

 

 

〈〈トリートメントとは

 
〉〉乞うご期待!

 

 
〉〉美容とケミカルについて書いたこのサイトのトップページはこちら

 

 
〉〉ホットペッパービューティはこちら

-トリートメント
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

◇【美容師が語る♪】トリートメントの目的◇

目次1 The Purpose of treatment2 ①髪質改善が目的のヘアトリートメント3 ②パーマやカラーなど薬剤のダメージ改善が目的のヘアトリートメント4 ③使ったシャンプーに対してのヘア …

ケミカル美容院のシャンプーとトリートメント

みんな! サロンでトリートメントする目的って何? どんな髪質目指してんの?

目次1 The purpose of the treatment. 2 理想の髪2.1 ヘアトリートメント The purpose of the treatment. こんにちは。 所沢の美容院PRO …

ケミカル美容師が語るトリートメントの構成成分

◇【美容師が語る♪】トリートメントの構成成分◇

目次1 トリートメントに入っているもの? 油分と保湿剤とタンパク質だよ。 あれ?油分とタンパク質ってどう違うの? 1.1 ①カチオン界面活性剤1.2 ②カチオンポリマー1.3 ③加水分解コラーゲン(P …

ケミカル美容師によるトリートメント

◇トリートメントとは◇

目次1 Treatment 2 洗い流すタイプ(インバス)のトリートメント 2.1 ①トリートメントの働き2.2 ②髪が傷むと…2.3 ③髪が傷む原因2.4 ④髪の修復、保護が目的のヘアトリートメント …

no image

ケミカルサイトのトリートメント編~キーワード検索~

トリートメント編 行きます。 シャンプーのまとめ記事は近いうちに書きます! Related Posts◇シャンプー剤の洗浄成分は3種類◇◇炭酸水の血行促進効果◇◇全成分表示◇

ケミカルサイト内検索