トリートメント

◇トリートメントとは◇

投稿日:

Treatment

こんにちは。
所沢の美容院PROGRESS小手指のよごです。
タイトルの◇は、ケミカルを示します。
今日は

洗い流すタイプ(インバス)のトリートメント

について。

 

 

①トリートメントの働き

ケミカル美容師が見たリンスとトリートメントの違い
トリートメントは、髪をなめらかにし、クシ通りや指通りを良くする働きがある。

また、パーマ液やカラー剤でダメージを受けた髪にトリートメント成分(油分・水分・タンパク質)を補給し、髪にハリ・コシを与えたり、うるおいを保持したりする働きがある。

髪の内部にはトリートメント成分を補給し、髪の表面にはカチオン界面活性剤や油剤を吸着させ、髪を健康な状態に近づける。

 
トリートメントの訳としては「手当」、「治療」「手入れ」などで、髪に必要な手当てを施すことである。
今回は、洗い流すタイプ(インバス)のトリートメント剤の話をする。

 

 

②髪が傷むと…

一般に、髪が傷むと…
・ツヤがなくなる
・乾燥して枝毛になる
・弾力がなくなり、ウェーブが出にくくなる

ヘアトリートメントは、このような髪を
・人工的に補強し、正常な状態に近づける
・今以上傷まないように髪を保護する
ことを目的とした技術である。

 

 

③髪が傷む原因

ケミカル美容師がかけるパーマの待ち時間
髪が傷む原因としては、栄養障害など内部からの原因によるもののほか、次のような外的な原因があげられる。

 
・薬剤などによる原因
洗浄力の強いシャンプー剤、パーマ液、ブリーチ、ヘアカラー、アルコールを多く含んだトニックやスタイリング剤。これらを長期間続けると、傷んでくる。

・過熱による原因
過熱による原因には、ヘアドライヤーで温風を長時間当てる、シャンプー後にタオルドライを十分せずに一気に乾燥させる、ヘアアイロンなどによる過熱のしすぎがある。

・技術による原因
技術による原因には、パーマのロット巻きで引っ張りすぎる、パーマやカラーのときに長く放置しすぎる、バックコーミングなど髪をとかしすぎる、カットの仕方などがある。

・外部環境による原因
強い直射日光に長時間さらしたり、海水やプールの水にさらしたりすることでも髪は傷む。

 
以上のような髪の傷みを修復、保護するために様々なヘアトリートメント剤が普及している。
また、それ以外の効果として、その人本来の髪質を改善するという目的のトリートメント剤もある。

 

 
ケミカル美容師によるトリートメント

④髪の修復、保護が目的のヘアトリートメント剤

PPTトリートメントやオイルトリートメントがある。PPTトリートメントは、髪への親水性が高いポリペプタイドを高濃度に配合しているため、修復作用に優れている。
オイルトリートメントは、一般的に加温して使用するものが多い。傷んだ箇所に塗布して熱を与えて、浸透しやすくなり油分が補われる。

これらは、施術後に行われる。施術前に行う場合は、プレトリートメントという。
パーマやカラーの施術前に、薬の作用を抑え、髪を保護してそれ以上傷まないようにする。

 

 

⑤髪質改善が目的のヘアトリートメント剤

硬毛、軟毛、細い髪、太い髪、乾燥した髪などに対して、はり、こし、ボリュームアップ、ボリュームダウン、などの調節を目的とした髪質改善を行い、種々の技術を効果的に施すことができる状態にする。

 

 

⑥トリートメント剤を洗い流す理由

・リンスと同じカテゴリーで、より格上の位置づけだから
シャンプーの後、リンスやコンディショナーより効果的なものとして、「トリートメント」を位置づけたので、使用方法はリンスやコンディショナーと同じ洗い流すことに。

・重さや指通りを調整しやすい。
トリートメントを洗い流した状態で、指通りが悪ければ、重ねづけすれば良い。
洗い流さないトリートメントだと、重ねづけして重くなりすぎるとシャンプーするしかない。

・濡れている方がまんべんなくつけられる
トリートメントには、カチオン界面活性剤、シリコン、合成添加物などが含まれている。カチオン界面活性剤は、広がりにくく、しなやかにまとまるが、皮膚刺激がある。

 

 

⑦トリートメントの使い方

ケミカル美容師が見たセルフトリートメント
リンスやコンディショナーと使い方が若干異なる。つまり、髪へ栄養を浸透させるための時間が必要になる。

使い方は、シャンプーをした後、髪の水気を切るか、軽くタオルドライし、髪の毛先を中心にトリートメントをまんべんなく揉み込むように付けていきます。

リンスがつけた直後にすすぐのに対して、トリートメントは髪に十分な栄養分を浸透させる為、髪につけてから数分後に、シャワーで洗い流すのが効果的。
こうすることで、髪の中へしっかりと栄養が届くため、傷んだ髪やダメージを受けた毛髪をケアすることができる。

 

 

⑧ヘアパック・ヘアマスク

ヘアパック・ヘアマスクともに、上記の洗い流すトリートメントと基本的には同じ。
従来のトリートメントよりケア成分を多く含み、コンディショニング性能が増している。

そのため、洗い流すトリートメントは1日1回、
ヘアパック・ヘアマスクは多くても週に2~3回の使用が前提になる。

 

 
結論:

トリートメントは、髪の内部にも効果がある!

The treatment brings hair close to healthy.

 

 

〈〈リンスとは

 
〉〉乞うご期待!

 

 
〉〉このケミカルサイトのトップページへ

 

 
〉〉ホットペッパービューティはこちら

-トリートメント
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ケミカル美容師が語るリンス

◇【美容師から見た】リンスとは◇

Rinse こんにちは。 所沢の美容院PROGRESS小手指のよごです。 タイトルの◇は、ケミカルを示します。 今日は 目次1 リンス 1.1 ①毛髪の表面を保護する効果1.2 ②毛髪のpHを調節する …

no image

ケミカルサイトのトリートメント編~キーワード検索~

トリートメント編 行きます。 シャンプーのまとめ記事は近いうちに書きます! Related Posts【美容師が解説】乳化、分散、可溶化の違い◇皮脂の酸化◇◇水溶性のシリコン?◇

ケミカル美容院のシャンプーとトリートメント

みんな! サロンでトリートメントする目的って何? どんな髪質目指してんの?

目次1 The purpose of the treatment. 2 理想の髪2.1 ヘアトリートメント The purpose of the treatment. こんにちは。 所沢の美容院PRO …

ケミカル美容師が描いたトリートメントしてる人

◇【美容師が語る♪】コンディショナーとトリートメントの違い◇

目次1 What is the difference between conditioner and treatment?1.1 共通点1.2 コンディショナーの働き1.3 トリートメントの働き1.4 …

◇【美容師が語る♪】トリートメントの目的◇

目次1 The Purpose of treatment2 ①髪質改善が目的のヘアトリートメント3 ②パーマやカラーなど薬剤のダメージ改善が目的のヘアトリートメント4 ③使ったシャンプーに対してのヘア …

ケミカルサイト内検索