シャンプー

◇【美容師が解説♪】サイドシャンプーとバックシャンプー、11個の違い◇

投稿日:2015年6月9日 更新日:

美容師法により、美容室にはシャンプー台を必ず設置しなければなりません。
シャンプー台は大きく、サイドシャンプーとバックシャンプーの2種類があります。
見ればどっちか分かるけど、実際のところ何が違うんでしょ?

ケミカル バックシャンプーとサイドシャンプーの写真

左がサイドシャンプー右がバックシャンプー

こんにちは。
所沢の美容院PROGRESS小手指のよごです。
タイトルの◇は、ケミカルを示します。
今日は

サイドシャンプーとバックシャンプーの違い

について。

 

 

サイドシャンプー↓と
美容院のサイドシャンプー
バックシャンプー↓の
美容院のバックシャンプー
違いを、見ていきます。

 

 

①美容師が立つ位置の違い

名前の通り美容師が立つ位置が違う。
サイドシャンプーはお客様の左側に立ってシャンプーする。お客様と顔が近づきやすく、フェイスガーゼが必要。
バックシャンプーはお客様の後側(頭側)に立ってシャンプーする。
お客様を抱え込まずにすむため、威圧感がなくなる。

 

 

②目的の違い

どちらのシャンプー台も髪の汚れを落とすときに使われる。
サイドシャンプーは、洗うことがメイン。
バックシャンプーは、マッサージすることがメイン。

 

なお、シャンプーという単語は、古代インドのヒンズー語で「押し出す」という意味のことばを語源に持つと言われている。
※日本理容美容教育センター「美容技術理論」より

 

 

③水圧の違い

頭の汚れを落としやすいように、サイドシャンプーの水圧は強い。
バックシャンプーは、お客様との体勢の関係から、水圧を強くは出来ない。弱め。

 

 

④シャワーヘッドの違い

サイドシャンプーは、シャワールームにある一般的なシャワーと同じような水の出方をする。
美容院のサイドシャンプーのシャワーヘッド
バックシャンプーは、耳の裏、襟足をすすぎやすいように、また、シャンプーから出たお湯があまり飛び散らず、まとまりやすくするため、水の中に空気を入れて出てくる。

美容院のバックシャンプーのシャワーヘッド

 

 

⑤シャンプーボールの違い

サイドシャンプーは、シャンプーヘッドの構造上、お湯が飛び散りやすくなっているので、シャンプーボールは、大きめ。小手指店では、横幅60㎝。
バックシャンプーは、お湯が飛び散りにくいのでシャンプーボールは、小さめ。小手指店では、横幅45㎝。
縦はどちらも53cm。

 

 

⑥美容師の視点

サイドシャンプーは、水圧が強いため、すすぎやすい。またシャンプー時は力が入りやすく、洗いやすい。
バックシャンプーは、シャンプーやマッサージで力が入りづらいが、左右対称に力を入れやすい。

 

 

⑦お客様の耳裏、首回り

シャンプーの泡をすすぎづらいのが、耳の裏と首の後ろ。
サイドシャンプーは耳の下でお湯をためるが、ためすぎると耳に入る。また首の後ろに高い水圧のシャワーヘッドを持ってくるので、襟が濡れてしまうことがある…かもしれない。
バックシャンプーは、お客様の姿勢から、耳の後ろにお湯が流れづらく、水圧も弱いため、首の下がきちんと流せている感覚があまりない。

 

 

⑧お客様の姿勢の違い

サイドシャンプーは、お客様が完全に横になるタイプが多い。
身体は楽だが、頭の重さを首で全て受け止めることになり、首に負担がかかりやすい。
バックシャンプーは、座った状態で、少し後に倒れてもらう場合が多く、サイドシャンプーより首にかかる負担が少ない。

ケミカル美容師がサロンでのシャンプーの目的を語る
バックシャンプーの姿勢

 

⑨お客様の姿勢による負担

背もたれが、やや倒れるだけのバックシャンプーは、首や腰が弱い方にはあまり向いていないと、一般的には言われる。
ただ、どちらのシャンプー台でも、事故は起こっているし、僕の周りはバックシャンプーが楽だという意見の方が多い。

 

個人的な感想だが、シャンプー練習のモデルになる時は、サイドシャンプーは、30分くらいで首が痛くなり始め、60分が限界。バックシャンプーなら60分倒れてて、そろそろ痛いかなというくらい。
人によって腰が痛いとか、足をのばせないとかあると思いますので、気軽にご相談ください。

 

また、サイドシャンプーでは、シャンプーボールに吸盤でくっつける頭を支える器具もある。

首の負担は相当減っちゃう優れものだ。

 

 

⑩スペースの違い

シャンプーボールの大きさと、お客様の姿勢の違い(完全に寝ること)から、サイドシャンプーの方が広いスペースを必要とすると言われている。

 
ただ最近は、完全に寝たり(フルフラット)、左右に90度回転できたりするバックシャンプーも登場したりで、一概には言えなくなっている。

 
ケミカル美容院のシャンプーブース見取り図
小手指店の場合は、横幅が少し違うくらい。

 

 

⑪移動出来るか

バックシャンプーは、シャンプー台の構造上、移動することができる。お客様が移動せずに、お席に座ったままシャンプーできたり、スペースの限られた場所でも、シャンプー台を設置できるメリットは大きい。
美容院の可動式バックシャンプー

 

 

結論:サイドシャンプーは洗うこと、バックシャンプーはマッサージすることがメイン!

 

 

〈〈バックシャンプーの特徴

〉〉僕と炭酸水との出会い

 

 
〉〉美容とケミカルについて書かれたこのサイトのトップページはこちら

 
シャンプー編のサイトマップはこちら

 
>>ホットペッパービューティはこちら

-シャンプー
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

美容院のバックシャンプー

◇サイドシャンプーの特徴とは◇

美容院のシャンプー台といえば、サイドシャンプーだった。 しっかり洗えるし、お客様の身長に関わらず使える優れたシャンプー台である。 こんにちは。 昨日、人生で初めて築地でお寿司をいただいた美容師よごです …

ケミカル美容師的に化粧品

◇全成分表示◇

目次1 All ingredient indication2 全成分表示2.1 ①化粧品2.2  ②医薬部外品3 結論:化粧品も医薬部外品も全成分を表示している4 As for the co …

シャワーヘッド

◆シャンプーの前に髪を濡らす3つの理由◆

シャンプーの前って、髪を濡らしますよね。 シャンプー剤をそのまま乾いた髪につける人はいないはず。 もちろん、容器には「髪を濡らしてからシャンプーを適量つける」ように書かれていますが、はてさてその理由と …

美容師のpHの値

◇皮膚などのpH◇

目次1 The skin’s pH2 pHの色々な例2.1 皮膚表面のpH3 結論:皮膚の表面は酸性である。4 The skin surface is acid The skin&#821 …

ケミカル美容師的にシャンプー基準

◇シャンプーを選ぶ基準◇

目次1 What is the standard to choose shampoo as?2 シャンプーを選ぶ基準2.1 ①体調、体質2.2 ②カラーやパーマをした後2.3 ③やりたいヘアスタイル2 …

ケミカルサイト内検索