シャンプー

◇頭の汚れはどこから来るか◇

投稿日:2016年4月21日 更新日:

頭の汚れって、何ですか?
臭いのもと?かゆみのもと?べたつきのもと?
頭の汚れがどこから来るかを見ていきます。
シャンプーイング
こんにちは。
昨日は丸一日、カットの講習に表参道まで行ってきた美容師よごです。
タイトルの◇は、ケミカルを示します。
今日は

頭の汚れがどこから来るか

、見ていきましょう。

 

 
頭の汚れは、頭皮から発生した汚れと、外部から直接髪についた汚れの2つに分けられます。

①頭の内側から来る汚れ

頭皮の汚れ
内因性の汚れとも言う。
主に頭皮表面の汚れ。
毛穴や汗腺など頭皮の内側から分泌された皮脂は、2~3日たつと酸化し、臭いや痒みをともなう汚れとなる。
また、頭皮が新陳代謝し、新しい細胞に追い出されてはがれ落ちたフケは、その時点で汚れである。

 

②外部環境(=頭の外側)から来る汚れ

髪の汚れ
外因性の汚れとも言う。
ほこり、スタイリング剤など。
主に、髪の汚れ。
ほこりや花粉、大気汚染物質などは、髪をスタイリング剤でセットしている方が付きやすく、落ちにくくなる。
毎日のシャンプーがオススメ。

 

 
シャンプーには、ヘアケアシャンプーとスキャルプシャンプーがあるが、必ずしもヘアケアシャンプーが、ほこりなどの外因性の汚れを落とすことに特化しているわけではない。

しかし、スキャルプシャンプーは、余分な皮脂など、内因性の汚れを優しく落とすことに特化している。

 
また、毛穴に詰まった古い角質(=フケ)は、シャンプーでは落ちにくく、頭皮を優しくマッサージする「ヘッドスパ」をして、落とすのが理想である。

 

 
結論:

シャンプーでは、頭皮の汚れを落としましょう。

 

 
〈〈シャンプーの目的

 
〉〉頭の汚れの落とし方

 

 
〉〉美容とケミカルについて書かれたこのサイトのトップページはこちら

 
シャンプー編のサイトマップはこちら

-シャンプー
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

美容院での炭酸水の濃度

◇炭酸水の濃度◇

目次1 The density of soda2 炭酸水の濃度2.1  ①医学的に炭酸水とは2.2 ②小手指店での炭酸濃度2.3  ③市場商品の炭酸濃度2.4   ④美容 …

ケミカル美容師のシリコンは、コーティング・蓄積させすぎないように

◇シリコンの短所◇

目次1 What’s the bad point of the silicone?2 シャンプーやトリートメントに入っているシリコンの短所2.1 ①そもそもコーティング剤自体が必要ないとき …

美容院のバックシャンプー

◇サイドシャンプーの特徴とは◇

美容院のシャンプー台といえば、サイドシャンプーだった。 しっかり洗えるし、お客様の身長に関わらず使える優れたシャンプー台である。 こんにちは。 昨日、人生で初めて築地でお寿司をいただいた美容師よごです …

ケミカルサイトの汗について

◇汗◇

目次1 Sweat2 汗2.1  ①汗とは2.2  ②汗をかく目的2.3 ③皮膚と汗のpH2.4 ④汗は汚れなのか3 結論:アルカリ性の汗は汚れである!4 The alkaline …

ケミカル美容師的皮脂分泌が過剰になる原因

◇皮脂の過剰分泌とその原因7つ◇

目次1 Why is sebum secreted excessively?2 皮脂が過剰に分泌される原因2.1 ①男性ホルモンの増加2.2 ②ストレス2.3 ③過剰な洗浄2.4 ④気温の上昇2.5 …

ケミカルサイト内検索