シャンプー

◇【美容師が語る♪】シャンプーを泡立てる3つの理由◇

投稿日:2015年5月28日 更新日:

シャンプーを、きちんと泡立ててから使ってますか?
ぱっとつけて、がしゃがしゃ洗って、すぐ流していませんか?
ついついきちんと泡立てずにシャンプーしてしまうと・・・
シャンプーとトリートメント

こんにちは。
眠いけど、絶好調の美容師よごです。
タイトルの◇は、ケミカルを示します。
今日は、

シャンプーを泡立てる必要性を3つ。

 
…その前に、シャンプーが泡立たない理由はこちら。

 
基本的に、シャンプーは適度に泡立つように設計されています。
その理由は…

 

①頭皮や髪が、直接こすれて傷むのを防ぐため

泡があることにより、クッションの役目を果たし、滑りが良くなって、摩擦の傷みから守ってくれる。

 

 

②泡にすることで、少量でも広い範囲に行き渡る

泡にすることで、表面積が増え、シャンプーの延びが良くなる。
泡にせずにシャンプーの量を増やすと、皮脂を落としすぎて、乾燥を招いたりする。

 

 

③泡の硬さで、洗浄力を調節できる

泡が立たないと、シャンプーが薄すぎて、汚れが落ちない。泡が硬くなると、シャンプーが濃すぎて、洗いづらいし、洗浄力が強すぎる。

以下はよごの経験から。
慣れは必要だが、泡立ち方でどんな汚れ方をしているか分かるようになる。

泡が軽くて、すぐ消えるときは、水溶性の汚れが残っているとき。もっと水で流そう。
泡立たないときは、頭皮が汚れているとき。流して、もう一回泡立てよう。
泡がしっかりあるのに消えてしまうときは、シャンプーか水か空気のどれかがあまり入ってないとき。
泡立ってるのに、毛先がヌルヌルしてるときは、スタイリング剤がまだ残っているとき
泡が硬いときは、シャンプーのつけすぎだ!

 

 

結論:シャンプーは、泡に始まり、泡に終わる。

 

 

〈〈シャンプー前に髪を濡らす理由

〉〉シャンプーが泡立たない理由

 

 
〉〉美容とケミカルについて書かれたこのサイトのトップページはこちら

 
シャンプー編のサイトマップはこちら

 
>>ホットペッパービューティはこちら

-シャンプー
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

シャンプー剤

◇ヘアケアの歴史◇

自分が子供の頃(1990年頃)、シャンプーは毎日するものでした。 美容師の母親も毎日シャンプーしていましたが、 ある日、「昔はシャンプーなんて、毎日しなかった。」と言われ、子供ながらにショックだったの …

ケミカル美容師的皮脂分泌が過剰になる原因

◇皮脂の過剰分泌とその原因7つ◇

目次1 Why is sebum secreted excessively?2 皮脂が過剰に分泌される原因2.1 ①男性ホルモンの増加2.2 ②ストレス2.3 ③過剰な洗浄2.4 ④気温の上昇2.5 …

ケミカル美容師的に化粧品

◇全成分表示◇

目次1 All ingredient indication2 全成分表示2.1 ①化粧品2.2  ②医薬部外品3 結論:化粧品も医薬部外品も全成分を表示している4 As for the co …

◇【美容師が語る♪】スキャルプシャンプーとは◇

目次1 Shampoo for scalps1.1 日本人の髪の悩み1.2 頭皮をシャンプーしよう1.3 スキャルプシャンプーとは1.4 スキャルプシャンプーの特徴1.5 頭皮の悩みで分けたスキャルプ …

頭の汚れ

◇頭の汚れはどこから来るか◇

頭の汚れって、何ですか? 臭いのもと?かゆみのもと?べたつきのもと? 頭の汚れがどこから来るかを見ていきます。 こんにちは。 昨日は丸一日、カットの講習に表参道まで行ってきた美容師よごです。 タイトル …