シャンプー

◇シャンプー剤の主な構成成分◇

投稿日:2015年5月10日 更新日:

シャンプーの構成

こんにちは。
リズミカルな美容師よごです。
タイトルの◇はケミカルを示します。
今日は

シャンプー剤の構成

 

 
シャンプー剤には、様々な成分が入っています。全成分表示されているので確認できると思いますが、どのような効果があるのかまでは、分かりづらいですよね。
今回はそれを7つに分けました。多く入っている順に見ていきます。

 

 

①水

一番多く入ってる。シャンプーに含まれる成分を均一に溶かし込む。精製水が使われる。

 

 

②洗浄成分

頭皮や毛髪についた汚れを洗い流す。アニオン界面活性剤、両性界面活性剤など。

 

 

③コンディショニング成分

これを配合しないと、髪がギシギシになる。毛髪の保護や指通りを良くする。カチオンポリマー、カチオン界面活性剤、タンパク質誘導体、シリコーン誘導体など。

 

 

④油剤

油分を補給し、粘度を増す。天然油脂、エステル油、高級アルコールなど。

 

 

⑤毛髪保護成分

髪の保護。タンパク質誘導体や、多価アルコールなど。
 

 

⑥香料など

使用時の香りを楽しみリラックス効果のある香料、変質を防ぐ安定化剤など。商品の特徴づけだったり、酸化を防いだりする。香料、紫外線吸収剤、清涼剤、酸化防止剤、金属封鎖剤など。

 

 

⑦防腐剤

商品を保ち、腐敗させないようにする。パラベン、安息香酸、サリチル酸、フェノキシエタノールなど。

 

 
結論:

シャンプー剤には、汚れを落としてくれる界面活性剤以外にも、髪を補修する界面活性剤や安定化剤などが入っている。

 

 
〈〈シャンプーによって、泡立ちが違うのはなぜ?
〉〉イオンの性質による界面活性剤の種類

 

 
シャンプー編のサイトマップはこちら

〉〉このケミカルサイトのトップページはこちら

-シャンプー
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

美容師のpHの値

◇皮膚などのpH◇

目次1 The skin’s pH2 pHの色々な例2.1 皮膚表面のpH3 結論:皮膚の表面は酸性である。4 The skin surface is acid The skin&#821 …

ケミカル美容師的に日中頭が痒い理由は5つある

◇日中 頭皮が痒くなる理由5つ◇

目次1 Why does a head become itchy?2 昨日の夜ちゃんとシャンプーしたのに、なぜか頭が かゆい!2.1 ①お湯の温度が熱すぎる2.2 ②汚れを充分に落とせていない2.3 …

no image

◇炭酸水のpH◇

目次1 pH of the soda2 炭酸水のpH3 結論:炭酸水のpHは、4.84 pH of the soda is 4.8 pH of the soda   こんにちは。 所沢の美容 …

◇【美容師が語る♪】スキャルプシャンプーとは◇

目次1 Shampoo for scalps1.1 日本人の髪の悩み1.2 頭皮をシャンプーしよう1.3 スキャルプシャンプーとは1.4 スキャルプシャンプーの特徴1.5 頭皮の悩みで分けたスキャルプ …

ビジネスモデルによる美容院のシャンプーと市販のシャンプーの違い

ビジネスモデルから見た美容院のシャンプーと市販のシャンプーの違い

目次1 According to the business model, what is the commercial shampoo different from the salon shampoo …

ケミカルサイト内検索